トップページ > インプラント > All-on-4コンセプト・ノーベルガイド




All-on-4コンセプト

手術当日に歯がはいるインプラント、ワンデイトリートメント

All-on-4コンセプト等の術式を利用した即時負荷インプラント治療

図:All-on-4

従来、総入れ歯をお使いの方や多くの歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨を移植したり、インプラントを8〜14本埋め込む手術が一般的でした。
そのため手術時間が長くなり、術後の腫れ、痛みも大きく、費用も高額になるという欠点がありました。

All-on-4コンセプトの治療法では、インプラントを骨のある部分に均等に埋め込み、力を均等に配分することにより、最小4本(注)で12本分の人工の歯を支えることが可能になりました。このことにより上記のような欠点を解消することができました。
またインプラント手術の当日に固定式の仮歯の装着まで行うことが可能です。たった1日でお口元が劇的に変わり、さまざまな入れ歯の悩みから解放されます。
手術や費用の負担を必要最小限に抑えた新しいインプラント治療法、それがAll-on-4です。

※注:顎の骨の状態によってはインプラントの本数が多くなることもありますので、担当医によくご相談してください。


  • 特徴1 インプラント手術をしたその日に固定式の歯が入って噛める。
  • 特徴2 下顎では基本的に4本、上顎4〜6本のインプラントなので経済的。
  • 特徴3 骨を作る手術は不要。
  • 特徴4 インプラント本数が少ないので歯磨きや手入れが楽。
  • 特徴5 その日のうちに歯を入れて噛むことが可能。
写真:インプラント施術例

PAGE TOP

ノーベルガイド

歯ぐきを切開しない!その日のうちに歯が入る!!

インプラント治療の最新のコンピュータガイドシステム

ノーベルガイド(Nobel Guide)とはインプラント治療の最新のコンピュータガイドシステムです。

  • 特徴1 痛くない、腫れない  無切開フラップレス手術。
  • 特徴2 早い  手術時間が従来の半分、直後に歯が入る即時荷重が行える。
  • 特徴3 安全、正確  計画的なインプラント埋入が正確に行える。

コンピュータ上で、骨のCT画像と、最終的に入れたい歯の形を同時に見て計画を立て、切開手術を行わずに小さな3ミリ程度の孔をあける手術を行い、用意しておいた歯をすぐ連結します。
手術したその日から歯が入ります。(骨のない方はこの治療法ができない場合があります)

写真:CT画像を基にコンピューター上で手術計画を立てます。 写真:コンピューターの計画に沿ってスウェーデンでガイドを作成。 写真:ガイドを使用して手術を行います。

PAGE TOP

次のページ:「インプラントQ&A・症例」のページへ